初期微動と「軸」

昨年10月からレッスンにご参加くださっている
神楽坂ゆる体操教室会員のMさんから、
こんなメールをいただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<前略>

話は変わりますが、昨日の朝9時過ぎに発生し
た直下型地震の際に初期微動の最初の一瞬で
坪山先生が地震に気づかれたことに驚きました。

長年のゆる体操と空手の取り組みで感じる力が
常人とは違うのかと考えてしまい、ますますゆる
体操に興味が湧いてきました。

引き続きよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

状況について補足します。

時は約2週間前、
1月28日(日)朝9時のレッスン前のこと。

私は教室に参加された何人かの会員さんと
談笑しながら、
PCに向かってオンラインレッスンのための
Zoom設定をしていました。

その時、足元深くに微かな揺れを感じ、
教室にいらした会員の皆さんに何気なく

「あっ、地震ですね・・・」

と声をかけたのですが、
その場にいた私以外の皆さんは揺れが
感じられなかったため

「えっ・・・?」

という反応。

その数秒後に本当に地震(震度3)がやって
きたので、
Mさんを始めとする会員の皆さんが驚かれた・・・
という話です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この話はMさんが書かれているように、
その場にいた私だけが初期微動に気づいて
他の皆さんは気づかなかった、というだけの
話でそれ以上でもそれ以下でもないのですが、

Mさんがこのことに興味をもたれ、それが
ゆる体操への興味ややる気を高めるプラスの
機会になったご様子でしたので、

他にも興味をもたれる方がおられるようなら、
ということでご紹介をすることと致しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゆる体操のトレーニングでは全身をくまなく、
徹底的にゆるめ、解きほぐしていきます。

全身をゆるめることによって身体が細胞レベ
ルから活性化し、健康度・能力・若々しさを劇
的に高めてくれるわけですが、

この「ゆるむこと」には他にも、重要な変化を
もたらせます。

それは一言で言うと、

「地球とのつながり・関係性が高まる」

ということです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いきなり

「地球とのつながり」

と言われても

「はぁ?」

と感じられる方が多いことと思われます。

いわゆる「スピリチュアル系」の話しかと
勘違いされる方もおられるかも知れませ
んので、できるだけどなたにも理解しや
すい形でご説明をしたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

全身の力みが抜け、ゆるむということは、
その分、地球のもつ重力の働きに抗う
要素が少なくなり、より従順に受け入れる
方向に進む、ということに繋がります。

実感としては、
全身がゆるむことでズシーっとした「重み」
が増し、重力の働く先である地球の中
心の方向に向かってダラ~っと「垂れていく」
ことが感じられます。

そして、重力の働きにより従順になる中で、
自分の体重を支える重心の位置を感じる
力が高まり、さらにはその重心の位置感覚
が地球の中心に向かってどんどん深まって
いきます。

そのことが、ゆる体操の最重要課題である
身体の「軸(センター)」の形成につながって
いくのですが、
この、重心の位置感覚の強さと深さは、その
ままゆる体操の本質的な上達度を測るバロ
メーターにもなります。

今回、私だけが地震の初期微動を感じることが
できた理由は、
私が、長年のゆる体操のトレーニングにより
その時同じ場にいらした他の皆さんよりも
強く、規模の大きな「軸(センター)」の意識を
持っており、
それがセンサーの役割を果たしてくれたから
だと理解しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この「軸(センター)」の強さや規模の大きさ
は、人間の在り様や能力に様々な影響を与え
ており、トレーニングが進むと、

「本人は何気なく、無意識に行ったことなのだ
けれど、普通の人ぼ感覚からすると驚くような
パフォーマンス」

ということが日常の中でちらほら起こるように
なります。

今回のこともそのようなひとつと言えますが、
ゆる体操を本格的に一定期間以上トレーニング
されてきた方であれば、おそらくほぼ全員が私と
同じ反応をされたものと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、1月28日(日)のその後の話し。

地震を初期微動の段階でいち早く察知して
それを冷静に伝え、主要動が来てからも冷静

「この強さなら心配ありませんよ」

と一言。

そして主要動が収まってからは

「今回の地震は大丈夫ですが、本当に大きか
った時は私が声を掛けますのですぐにこのビル
から避難してくださいね」

などとアナウンスし、
また何事もなかったようにZoomの設定作業
に戻った私。

生徒さんからはさぞ、

” 頼りになる先生”

に見えたことと思います。

我ながら、カッコよかったと思います。

でも、私にしてはカッコ良すぎたのかもしれ
ません。

物事がうまく進みすぎ、
そのことによって分不相応な評価を受けてし
まった後には必ず「オチ」が来る、
というのが世の定め。

案の定、
その「オチ」は早速その直後にやってきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ん?! 映らない!」

オンラインレッスンに参加されている皆さん
の様子を映し出すためにパソコンと接続して
いるモニターが、映らないのです。

これが映らないとオンライン参加の皆さんの
様子を確認できないばかりか、
自分がカメラにきちんと収まっているかもわか
りません。

私は機械音痴。

先程の冷静な対応とは打って変わり、
みるみるテンパりはじめます。

見かねたMさんがパソコンの所に来られ、
接続状況などを冷静に確認。

もはや立場は逆転です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんなMさんのご協力もあり、そのレッスンも
無事盛況のうちに終えることができましたが、

一旦は爆上がりしたであろう私の

“頼れる先生”ポイントは
(古いフレーズで恐縮ですが)

「3歩進んで2歩下がる」

状態に陥ったものと思われます。

パソコンや機械類との

「ココロのつながり」

を高める方法って、ないのかな・・・。

関連記事

  1. 【「ゆる体操」のいい話シェア】オンライン&フリー受講で週3~…

  2. 【「ゆる体操」のいい話シェア】シカゴから毎週、「ゆる体操」の…

  3. 【「ゆる体操」のいい話シェア】キックボクサーKさんの試合結果…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。