1~2月のテーマは、「ゆる体操で有酸素運動」です(「ゆる体操初級(通常)」クラス)

東京ではしばらく、
「なかなか寒くならない冬」
状態が続いていましたが、
ここへ来て本格的な寒さがやってきました。
お元気でお過ごしでしょうか?

さて、神楽坂ゆる体操教室では、1~2月の
レッスンを
「ゆる体操で有酸素運動」
をテーマに開催していますが、
今月はその2カ月目。

レッスンは益々盛り上がってきております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一般に有酸素運動とは、
ウォーキング・ジョギング・エアロビクス・
サイクリング・水泳など、
長時間継続して行う運動を指し、

体脂肪の燃焼や呼吸・循環器系の機能の向上
により、高血糖・高血圧等、様々な生活習慣病
の原因除去やダイエットに効果があるとされて
います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうした有酸素運動の効果をゆる体操で・・・
という今回のテーマを耳にし、
ゆる体操のゆったりとした動きの印象から
「ゆる体操で本当に有酸素運動の効果を
果たすことができるの?」
と、疑問に思われる方もおられるかもしれま
せん。

そうした疑問にお答えする観点も含めながら、
「ゆる体操を通しての有酸素運動」
のお話をさせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まず、
ゆる体操は見た目の印象と異なり、思いの他
運動量の多い体操だということが言えます。
その秘密は、
レッスンの途中途中で出てくる「ダラ~っ」とい
う声掛けに象徴されるように、
力を抜きながら(専門的な言葉を使えば「脱力・
緩解」をしながら」)動く・・・というところに
あります。

脱力・緩解をしながら動こうとすると、
一つ一つの動きが、四肢(手足)のみを使っ
た動きではなく、体幹部と連動した動きに変
わっていきます。

それは、
「ダラ~っ」という言葉によって全身の力を
抜こうとすることで身体表面部の、いわゆ
るアウターマッスルが脱力・緩解し、
尚且つその状態で何とか動こうとする中で
身体深層部のインナーマッスルが活性化し、
使われるようになってくる・・・ということによっ
て実現します。

例えば、同じ歩く運動でも、
単に手足を振って歩くのと、手足を体幹部と
連動させて歩くのでは運動量が全く異なるこ
とは容易に想像できるかと思います。

また、
インナーマッスルを使った運動はアウターマッ
スルを使った運動に比べ、
数倍から数十倍のカロリー消費が期待できる
という研究もあるようですが、

ゆる体操が、
アウターマッスル主導の運動からインナーマッス
ル主導の運動の方向に運動の「質」を変えること
で、一見激しく動いていないようでも有酸素運動
としての高い効果を実現させている、という説明
にも十分な説得力を感じられることと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さらに、ゆる体操には一般の有酸素運動には
にはない、独自の利点があります。

有酸素運動を成立させるためには体内に
大量の酸素を取り込む必要がありますが、
通常それは心拍数を上げることによって
行われます。

しかしゆる体操では、全身の脱力緩解によって
毛細血管の働きを高めて血流を促進させる
ことで全身への酸素共有を行うため、
心臓への負荷がかかりにくくなります。

そのためゆる体操は
ご年配の方や体の弱い方、体力のない方でも
無理なく取り組むことができ、
からだの内側から徐々に「強さ」を育ててい
くことができるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もうひとつ、独自の利点をあげるならば、

ゆる体操を通してこれまでご説明をした
「からだと動きのシステム」を身に付ける
ことで、

特定の運動を行っている時だけではなく
日常における何気ない運動・動作を
「有酸素運動化」
させていくことができる、
ということが挙げられます。

通勤や買い物のための「歩き」は言うに
及ばず、布団の上げ下ろし、お風呂の掃除、
食器洗い・・・等々の動作が、
体幹を使ったインナーマッスル主導の運動
に変わることで、それらすべてが有酸素運動
としての働きと効果を果たしてくれるようにな
ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2月のレッスンでは、
今月の課題体操である足モジ・足ネバ等、
ゆる体操の中でも比較的運動量の高い体操を、
一定の長さの時間確保して行っています。

成功のカギはいかに
「ダラ~としながら動くか」
ということ。

「有酸素運動」という言葉に引っ張られ、
つい頑張って動いてしまいがちですが、

そこは指導者である私がその時々の状況
に合わせてリードをし、初めてご参加の方にも

「身体の内側がポカポカして、
すごく運動しているのが分かるけど、
心臓はバクバクしていない」

という、このテーマならではの
「不思議な快適感」
を実感していただいています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このテーマでのレッスンの開催は今月いっぱ
いまで。

次回の開催は来年1月を予定しています。

この
「不思議な快適感」
を体験し、

「有酸素運動の日常化」
に向かっていくスタートを

今すぐ切るか?
ひとまず来年1月以降まで待つか?

ご自身の身体にとっての「必要性」と
ご都合をご考慮の上、
ぜひご検討ください。

関連記事

  1. 神楽坂ゆる通信<第455号>★状況別おススメ受講プラン★(2…

  2. 【お知らせ】8月12日(土)「推薦名流舞踊大会」(国立大劇場…

  3. 2月14日の思い出。  

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。