「聖蹟桜ヶ丘ゆる体操教室」開校20周年!

本日9月4日で、
私が初めて「ゆる体操」の指導を始めた

「聖蹟桜ヶ丘ゆる体操教室」

が開校20周年を迎えることとなりました。

聖蹟桜ヶ丘教室は、開校時も今も

「多摩カルチャーセンター」

の講座のひとつとして教室を開催させて
いただいています。

これまで同校のレッスンにご参加いただいた
全ての皆さま、
そして多摩カルチャーセンターを運営され
ているT様ご家族に、

心からの感謝の気持ちをお伝えしたいと
思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初めて開校した聖蹟桜ヶ丘教室が20周年を
迎えたということは当然、私の指導員生活も
本日で20周年を迎えたことになりますが、

ゆる体操の指導を始めた頃から、私の中では
漠然とながら

「こんな教室を作りたい」

というイメージがありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それは、例えば上海の川べりなどで毎朝、
何十年にも渡って太極拳を続けておられる
高齢のご婦人、のイメージです。

このような方々の中には毎日毎日、楽しく、
気持ちよく鍛錬を続けられる中で、

非常に高度な身体能力を身につけている方が
おられる

・・・という話を伺ったことがありましたが、

自分のゆる体操教室を、
いつしかそんな「達人」の集う教室にしたい、
と思うようになりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

聖蹟桜ヶ丘教室の中級クラスでは、
来年2月に入会20周年を迎える方を筆頭に
以降続々と「20年選手」が誕生します。

こうした皆さんは、

毎朝、顔を洗ったり歯を磨いたりするのと
同じような感覚で「寝ゆる」を行い、

「歩道」で習ったことを思い出しながら
多摩川沿いを散歩し、

木曜の朝になると楽しみに教室に集まり、
1時間半のレッスンでたっぷりとゆるむ

・・・という決められたペースを淡々と、
20年間守って来られた方々です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

入会当時50代半ばだった方は当然、
現在70代半ばに入っておられますが、

その立ち姿や歩き姿、全身が脱力した佇まい
を見ると、

知らぬ間に、思い描いていた

「太極拳に何十年も取り組み続けた老婦人」

のイメージに近づいているのを感じます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20年間に渡り、
多くの会員の皆さんのこうした上達の様子に
触れながら、

もちろん自分自身も上達を求めた取り組みを
続け、

「ゆる体操と共に生きる人生」

の幸福感をたっぷりと味わってきました。

今後は、この喜びをさらに奥深く噛みしめなが
ら日々を重ねると共に、

「この幸福感を
もっと多くの方々に知っていただく」

ことにも、
楽しみながらより積極的に取り組んでいきたい
と考えています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私も教室も、ますます進化していく所存です。

今後とも引き続き、
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 「ゆる体操初級」レッスン受講1年間のリアル

  2. 【お知らせ】8月12日(土)「推薦名流舞踊大会」(国立大劇場…

  3. 11月~12月のテーマは「腰まわりをゆるめよう」です(「ゆる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。