7月は「夏バテ撃退」レッスンです!

今年も今日から7月。
梅雨はまだ明けないものの、
暑い毎日が続いています。

ところで皆さん、
「夏が来る」
ということに対して、
どのような印象をもっておられますか?

因みに我が家の息子(小4)は、
学校のプールの時間が楽しみで、
かなりテンションが上がっている様子ですが、

このブログをお読みくださっている大人の
皆さんの中で、
そのようにポジティブな気持ちで
「夏」
を迎えようとされている方はかなり少数なの
ではないかと想像しています。

その主な理由は、

「からだが、夏についていけない」

状態を毎年体験し、
その辛い「夏」がまたやってくることに対して
条件反射的にネガティブなイメージが沸き起こ
るから・・・ではないかと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
暑さでからだがだるい
食欲がわかない
やる気がでない

・・・いわゆる「夏バテ」と言われる症状ですが、

これは、
夏の暑さそれ自体の他、エアコンの効いた室内
と室外の温度差、寝苦しさからくる睡眠不足等
により、

自律神経のバランスを崩し、主に胃腸の働きが
弱ることが原因で起こるとされています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この「夏バテ」に対しての対策を教室として意識
的に取り組むことを始めたのは実は2年前、
2022年のことでした。

この年、関東地方では6月27日に梅雨明けが
宣言され、その後1週間近くに渡って猛暑日が
続きました。

「梅雨の戻り」が来てしばらく暑さは落ち着き、
この年の梅雨明けは後に修正されるのですが、
この、6月末の猛烈な暑さと、それに対しての
教室会員の皆さんの悲鳴のような声を受け、
それまで予定していたプログラムを急遽変更し

「夏バテ撃退」

に照準を定めたプログラムにシフトしたレッス
ンを行いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
レッスンは

●「寝ゆる」で全身をゆるめほぐし、
筋肉・脳・そして内臓の疲れを取り除く

●寝苦しさによって生じる脳の疲労を
「ブレインゆる」で取り除く

●「息ゆる」や「ゆる呼吸法」によって内臓
の働きを高める

といった内容でしたが、

この時に参加された会員の皆さんからは

・呼吸法が大変、気持ち良いです!
(50代女性)

・本当にバテていますが、先日のレッスンは
そんな状態の時にピッタリな内容で、
気分も楽になりました。
(70代女性)

・からだが休まりました。まだまだ夏はこれか
らなので、あのメニューを続けてくださると
嬉しいです。
(40代女性)

と、大好評をいただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ということで今年も神楽坂ゆる体操教室
では、7月~8月の「ゆる体操初級」クラス
のレッスンを、

「夏バテ撃退」

をテーマとしたプログラムで開催いたします。

過去2年のレッスンでこの課題を改善・解決
に導くためのレッスン指導のノウハウも積み
重なってまいりましたので、
昨年・一昨年よりもさらに洗練された内容で
皆さんの「夏」を応援させていただきます。

特に暑さの厳しい日につきましては、
レッスン時間のほとんどを
仰向けに寝た状態で取り組める体操に
充てることになるかと思いまので、

暑さで気力・体力が落ちてしまった方も、
エアコンの効いたご自宅に居ながら
オンラインでレッスンに参加をされ、

「だら~っ」

と横になりながら楽な体操に取り組んでいる
うちに、だんだんからだの中から
「元気」が漲ってくる

・・・ という形で
無理なく取り組みながら、
「からだの底力」
をチャージしていただくことができます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年の夏も厳しい暑さが予想されますが、
この暑さに負けないからだを内側から作り、

一人でも多くの皆さんが、
夏休みを心待ちにしていた小学生の頃の
気持ちを少しでも思い出し、

の季節を楽しんでいただくことができれば
幸いです。

「これからどんどん暑くなることを考えると
それだけで憂鬱な気分になる」

という方は是非、
本校の「無料体験レッスン」にご参加
いただければと思います。

★無料体験レッスンのお申込みはこちら

#ゆる体操 #夏バテ解消 #肩こり #腰痛
#眼精疲労 #代謝 #疲労回復 #代謝
#立ち方 #歩き方 #呼吸 #気功
#ヨガ #ストレッチ #武術 #軸
#センター #脱力 #アスリート #体幹
#インナーマッスル #ルースニング #レフ筋トレ
#歩道 #股関節 #肩甲骨 #背骨 #肋骨

関連記事

  1. 2月14日の思い出。  

  2. 「ゆる体操教室」で20代と80代が一緒に目指す「課題」とは・…

  3. ゆる体操の「いい話シェア」(20240619)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。