<動画あり>本質力の上達を10年ぶりの「声優」で実感した会員事例

「ゆる体操」の効果・効能の3本柱は

1) 健康度UP
2) 美しさ・若々しさUP
3) 能力UP

ですが、

今日はこのうちの

4) 能力UP

に関する事例のご紹介です。

ゆる体操に取り組むことによって

・取り組んでいるスポーツのパフォーマンス
が上がった。
結果、記録が伸びた。大会で良い成績が
取れた。
・バレエや日本舞踊などのパフォーマンスが
上がった。
・歌のパフォーマンスが上がった。
・仕事のパフォーマンスが上がり、会社で昇格
した。条件の良い会社からのヘッドハンティング
を受けた。

・・・・ という話は、ゆる体操の教室を続けてい
ると大変よく伺います。
実際、上に挙げた例は全て、神楽坂ゆる体操
教室の会員の方から伺ったエピソードです。

では、「ゆる体操」がなぜ、このように広い分野
での能力アップに役立つのか?

ということが気になるところかと思いますが、
その説明の際によく用いられるのが
「本質力」という用語です。

本質力とは、全てのパフォーマンを根本から支え
る「本質的能力」のことで、
ゆる体操のバックボーンとなる運動科学の理論
では、それぞれのパフォーマンスを支える「能力」
の構造は、この本質力の土台の上にそれぞれの
専門分野特有の「具体力」(「具体的能力」)が積
み重なる、という形で成り立っていると考えられて
います。

そのため、この「本質力」が高まった方は、例えば
自分が職業として取り組んでいる分野のパフォー
マンスだけではなく、
あらゆる分野のパフォーマンスが潜在的に上がっ
た状態にあるということができます。

また、この「本質力」の高さがパフォーマンス全体
に与える影響は一般的に考えられているよりも
ずっと高い、ということもできます。

以上の事から、1人の人間が、生活・人生全体
におけるパフォーマンスを上げることを考えた
時、個々の分野ごとに「具体力」を上げる試み
を続けるよりも、まずは「本質力」を高めること
を試みる方が格段に効率的であると考えられ、
そのことが多くの皆さんに「ゆる体操」をお勧め
するひとつの理由ともなっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、前置きが長くなってしまいましたが本
題に入ります。

先日、神楽坂教室のベテラン会員である
宮島貴史さんから、
以下のようなメールをいただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、今回お知らせしたい事があり、
メールをさせて頂きました。
件名にもある通りですが
ローズアップという会社が製作した
新日本ヒストリーという番組に
出演させてもらうことになりました。

出演者の構成は・・

半分は素人、半分は昔声優目指して
学校通ってました、
という組み合わせですがそんな中主役をやらせ
て貰うことになりました。
10年以上のブランクがあるにも関わらずの
抜擢です。
これもきっとゆる体操を初めとした
本質力向上に努めてきた結果だと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
改めまして、
宮島さんが出演されたのはこちらのアニメ作
品です。


■新ニッポンヒストリー「もしも人斬り以蔵が料理に目覚めたら」

宮島さんはこの中で、主人公の岡田以蔵
役にて出演をされています。

このご連絡をいただき、私も拝見したのですが

「ん・・・、これはいいぞ・・・」

と思うところがあり、こうして会員の皆さんに
ご紹介をさせていただくこととなりました。

何が良いかというと、
冒頭でご説明した「本質力」の高さを感じたから
です。

ストーリーも面白く、
作品自体よくできたものだと思いますので、
皆さまにもぜひお手すきの時にご覧いただけ
ればと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
宮島さんは10年以上前に声優の勉強をされ
ていたことがあるそうですが、その後はずっと
その世界から離れており、
お仕事も全く異なる分野に携わっておられます。

今回出演者募集の報を知り、本職のお仕事も
大変忙しい中応募をしたところ主役に抜擢を
された・・・ということです。

私を含め、既にこちらの作品を視聴した数人の
皆さんは全員、主役の宮島さんの声優としての
パフォーマンスを高く評価しており、
一般の方からの書き込みにも声優陣のレベルの
高さを評価するものがありました。

10年前の宮島さんのレベルとの比較は正確には
できませんが、ご本人の主観では
「1.5倍くらい上がっている」
とのことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何らかの分野において上達し、パフォーマンスを
上げるにはもちろん、「具体力」を上げる努力も
大切です。

でも、日常のゆる体操を始めとした「本質力」
のトレーニングの積み重ねにより、
具体力のトレーニングには長期間のブランク
があったことでも、トータルとしてのパフォーマ
ンスを高めることができた・・・
ということは実はよくあることで、今回の宮島さ
んのエピソードはまさにその典型例と言えます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日常の忙しさにより、しばらく取り組めてい
ない趣味や、
かつて学生時代の部活動等で一生懸命に取り
組んでいたスポーツや音楽活動など、
「また再開させたい」と思うことがある方。

かつて
「この道のプロとして生きていきたい」
と真剣に取り組んでいた「夢」があった
という方。

・・・このブログをお読みくださっている
皆さんの中には、そんな方も多くおられ
るのではないかと思います。

ひとつの分野に深く打ち込んだ経験があれば
あるほど、またその時に、自身の様々な「限界」
を感じたことがあればあるほど、

今回の宮島さんが感じられたであろう「喜び」
を深く想像することができるのではないかと
思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宮島さんのように、過去に熱心に取り組んで
いた趣味やライフワークに再チャレンジをする、
というのはあくまでも一つの方法ですが、

私は指導者として、
できることならお一人でも多くの皆さんに、
自らの「本質力の上達」を実感できる
レベルまで「ゆる体操」に取り組んでいただく
ことができれば、という思いをもっています。

その段階まで進んだ時にはきっと、
今後の人生に対するご自身の認識がより明る
い方向に変わることと思います。

「ゆる体操」ご興味をお持ちくださった方は是非、
お気軽にご連絡ください。

体験レッスン&再入会

関連記事

  1. 「ゆる体操指導員」に転職した理由(2)

  2. 【「ゆる体操」のいい話シェア】フィールドホッケー選手の体験談…

  3. 「ゆる体操初級」レッスン受講1年間のリアル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。