「ゆる体操指導員」に転職した理由(1)

神楽坂ゆる体操教室の20周年を機に、
少し「思い出モード」に入っているようです。

ご迷惑でなければ以下、
お付き合いお願いします・・・(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私は大学卒業後、この仕事を始める前に
12年半に渡り会社員をしていたのですが、
時折、

「どうして会社をやめてゆる体操の先生に
なったんですか?」

と聞かれることがあります。

実際には当時の色々な状況や気持ちが影響し、
自然とそのような「流れ」ができた、ということな
のですが、

それらの状況や気持ちを整理すると大きく
「3つの理由」
に落ち着きます。

今回はそのうちの1つの理由に関わる
お話をさせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私の勤めていた会社は子どもの教育に関す
る事業を行う会社でした。

会社での社歴がちょうど10年目を迎えた
32歳の時のこと。
私は新しく異動になった部署で、当時最先端
だった、インターネットを使った教育サービス
を開発する仕事に携わる等、公私ともに忙し
い毎日を過ごしていました。

本人は特に、自分に無理が掛かっている自覚
はなく、明るく精力的に毎日を過ごしていたの
ですが、
ある日突然、体調を崩して入院をすることとなっ
てしまいました。

病名は潰瘍性大腸炎。

突然腸から出血が起こる、原因不明の難病で、
亡くなった安倍晋三元総理が罹患されていたこと
でも知られている、あの病気です。

症状が治まる「寛解期」と、また活動を始める
「再燃期」を繰り返し、
再燃期に入った時は入院の上、腸の状態が
回復するまで完全絶食。
半月から長い場合は1カ月ほど、点滴生活が
続きます。

この時は入院生活も含め、約2ヵ月ほど会社を
休職しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
それまでの10年間、
それなりに忙しく働いてきましたので、

「これもロングバケーション(当時流行ったドラ
マのタイトル)のようなものだ・・・」

と呑気に構えていたのですが、

職場に復帰後、半年ほどすると再燃し、1カ月
ほどの入院生活を送ることとなってしまいまし
た。

こうなるとさすがに、
その後の人生の過ごし方について真剣に考え
るざるを得なくなってきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
原因不明と言われるこの病気ですが、発症に
は心身のストレスが大きく関係していると言わ
れています。

1回目の休職後、会社は私の健康に配慮し、
なるべく負担がかからないように仕事の担当
を変更するなどの対応をし、私自身も無理が掛
からないよう細心の注意を払って過ごしていたつ
もりでした。

それでも、再燃してしまったのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
人間の体とストレスの関係は、
スーパーのレジ袋と、そこに入れる商品の関
係に似ています。

レジ袋の中にも5円の小さい袋と10円の大きい
袋があるように、
人間の許容量にも個人差があります。

でも、その許容量を超える量のストレスがか
かると、商品を無理やり詰め込もうとしたレジ袋と
同じように、その大きさに関係なく、いとも簡単に
壊れてしまいます。

心が先に壊れるか、体が先に壊れるか?
そこも個人差ですが、私の場合は、一番弱い
「腸」が先に壊れてしまったようです。

そして、一度ダメージを負ったことで、5円の
レジ袋にも満たない、
生モノを入れる半透明の無料袋くらいの許容量
に落ちてしまった

・・・それがこの時の私の状況でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その、半透明の袋並みの許容量の状況から、
今後どうやって自分の人生を立て直していく
べきか?

具体的には

●自分の健康を守ること
●仕事をし、収入を得て生活を成り立たせる
こと

の2つをどのように両立させていけば良いの
か?

ということを、私は病院のベットの中で考え
続けました。

そして、その段階ではまだ薄っすらとした構想
だったと思いますが、

会社を辞めて、
(ちょうどこの頃からトレーニングに取り組み
始めていた)
「ゆる体操」で独立する

という思いを持つようになりました。

<以下、(2)に続く・・・>

関連記事

  1. 【「ゆる体操」のいい話シェア】フィールドホッケー選手の体験談…

  2. 神楽坂ゆる通信<第455号>★状況別おススメ受講プラン★(2…

  3. 神楽坂ゆる体操教室が開校20周年を迎えました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。